「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

漫画大人読み

【漫画】「呪術廻戦」芥見下々:著(既刊16巻まで)大人読みしました。

人間の負の感情から生まれる化け物を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いたいわゆるバトルもの。 人気の理由は、(かっこいい)バトルの内容もありますが、登場人物たちの死生観=生への執着感が背景にあるのかなぁと思います。 自分の意思とは関係ない理由…

【読書】「手塚マンガで憲法九条を読む」 手塚治虫:著、小森陽一:解説

手塚治虫の永遠のテーマ「生命の尊さ」が貫かれた珠玉の七編、これは良かった! 作品解説が、全国「九条の会」事務局長の小森陽一氏なのですが、ご自身の政治思想を手塚先生の作品に無理やり絡めて述べるのはやめて欲しい! 手塚先生は、武力による紛争の解…

【漫画】「地球を呑む」手塚治虫:著(全2巻)大人読みしました。

「ゼフィルス」という名の美女集団が「文明」への復讐の為、見た目が完璧に変われる人工皮膚と無限に採掘した金を市中にばら撒き世の中の混乱させようとするが、酒さえあれば何もいらない関五本松と出会うことにより、ゼフィルス団の一人ミルダが五本松に恋…

【漫画】「ばるぼら」手塚治虫:著(全2巻)大人読みしました。

黒手塚の代表作の一つ「ばるぼら」を再度鑑賞しました。 小説家の美倉洋介が、路上生活者(フーテン娘)のばるぼらと出会ったことから、小説の文才が異常に開花し、やがてばるぼらに心酔してしまう・・・というストーリーです。 大酒飲みで怪しい娘であるば…

【漫画】「新装版 凍りの掌 シベリア抑留記」おざわゆき:著(全1巻)大人読みしました。

シベリア抑留の極限状況を生き抜いた著者の父親の実体験をもとに漫画で描いた作品。 これまでにも、シベリア抑留の体験記を見たり読んだことはありましたが、本作はものすごく分かり易く入り込めました。 そして、その悲惨な収容生活が、淡々と描かれていて…

【漫画】「七つの海―岩泉舞短編集」岩泉舞:著(全1巻)大人読みしました。

伝説の漫画家と言われる岩泉舞先生の短編集。 岩泉舞先生の連載作品はほとんど無いにもかかわらず、その作品のレベルが高いので、伝説の漫画家と言われているようです。 作画デザインは、高橋留美子先生の影響ですかね。 読み切り作品の収録ですが、連載の1…

【漫画】「ラストニュース」猪瀬直樹:原作、弘兼憲史:作画(文庫版全7巻)大人読みしました。

在京キー局の平日の夜11時59分からわずか11分だけ放送されるニュース番組『ラストニュース』の制作現場を舞台に、報道のあり方、ジャーナリズムの意味を問うた作品。 この作品が連載されたのは、1991年からで、この頃はまだ日本にもかっこいい「報道」が残っ…

【漫画】「100億の男」国友やすゆき:著(全12巻)大人読みしました。

母の連帯保証人として100億の借金を背負わされた平凡なサラリーマンの富沢琢矢と、貸し主の久我山財閥のトップの久我山天善との戦いを描いた物語。 弱肉強食のマネー戦争を中心に、魅力的な女性がビジネスパートナーやライバルになって琢矢と絡んで行く・・…

【漫画】「あわひめ先生の教イク的指導 (みこすり半劇場)」田中圭一:著(全1巻)大人読みしました。

元風俗嬢の淡姫郁乃が学校の先生になったら、こんな間抜けでエロい授業が・・・というちょいエロのおバカな4コマ漫画です。 かなりのお下劣レベルですが、思わず笑ってしまうような下ネタのオンパレード。 作者の田中圭一先生が、私と同じ地元だったので読…

【読書】「ドグラ・マグラ (まんがで読破)」夢野久作:原作・バラエティ・アートワークス:企画・漫画

「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」とも評される日本ミステリー小説三大奇書の一つである「ドグラ・マグラ」を漫画化したもの。 実は、原作の小説は途中まで読んで、精神異常を来たす前にギブアップしました。(笑) この漫画を読んで、…

【漫画】「人間昆虫記」手塚治虫:著(全1巻)大人読みしました。

マルチな才能を発揮している美女十村十枝子は、実は他人の才能と作品を模倣する能力が類い稀なだけで空虚な存在だった。 そんな彼女が才能や権力のある男たちを手玉に取り生きて行くが・・・というストーリーです。 さすがは手塚治虫先生、すごい構成力で考…

【漫画】「ホットマン」きたがわ翔:著(全15巻)大人読みしました。

母親が同じで父親が違う5人の兄弟姉妹とその長男円造(エンゾー)の娘七海(ななみ)を含めた「家族」の成長を描いたハートウォーミング物語です。 ズバリ「家族とは何か?」というのがテーマ。 七海ちゃんがアトピーという設定で、父の円造は過剰とも言え…

【漫画】「ヴィンランド・サガ」幸村誠:著(既刊24巻まで)大人読みしました。

11世紀初頭の北ヨーロッパを舞台に、ヴァイキングたちの生き様と、北アメリカ大陸にあったとされる「ヴィンランド」に戦いの無い国を創ろうと入植する物語。 主人公の「トルフィン」は実在したと言われるアイスランド商人ソルフィン・ソルザルソンがモデルに…

【漫画】「Bバージン」山田玲司:著(全15巻)大人読みしました。

生物オタクの主人公秋が、憧れの女性ユイと付き合いたいが為に、モテ男に変身するが・・・というラブコメ。 超モテ男になったものの、好きな女性以外とはHしないという「Bバージン」を貫く童貞男が、いかに憧れの女性を彼女にできるのか? ストーリーが練り…

【漫画】「LOVE理論」佐藤まさき:著・水野敬也:原案(全5巻)大人読みしました。

モテない男のための究極恋愛指南書「LOVE理論」の漫画バージョン。 主人公のモテない男子“屋良畑”くんに、霊である“恋愛体育教師・愛也”が取り憑いて、恋愛能力を高めていくが・・・というストーリーです。 原作(書籍)は、エンタメ系のノウハウ本ですが、…

【漫画】「どついたれ」手塚治虫:著(全2巻)大人読みしました。

戦後の混乱期に、極貧の日本を這いつくばって生き延びて哲・高塚・葛城・トモやん・ヒロやんの5人の人生を描いた作品。 明確な主人公を置かずに物語が展開していくのですが、途中からとっ散らかってしまって、伏線を回収しきれずに、連載途中で打ち切られ、…

【漫画】「怨み屋本舗」栗原正尚:著(全20巻)大人読みしました。

怨みを抱く人の依頼に基づき、金銭などと引き換えに復讐を行う「怨み屋本舗」の話。 法律の隙間で報われずに苦しんでいる人々の復讐を行い、鬱憤を晴らす内容です。 ギャグの要素もあり、そんなにエグい描写も少なめでした。 時々、社会の矛盾、法律の矛盾な…

【漫画】「テレビ天使」ちばてつや:著(全3巻)大人読みしました。

小学校5年生で大女優の母親を自殺で亡くした早坂亜希子が、自らも演劇に目覚め波乱の人生を歩んでいくという物語。 母親が死に裕福だった生活が一変し、貧乏長屋で祖父と暮らすことになった主人公の亜希子だが、周りの人々の人情もありたくましく生きていく…

【漫画】「天使なんかじゃない」矢沢あい:著(完全版全4巻)大人読みしました。

「鬼滅の刃」の竈門禰󠄀豆子が、この「天使なんかじゃない」の主人公「冴島翠」に似ている説があったので、読んでみました。 確かに、少し似てるかなぁ。「鬼滅の刃」の作者吾峠呼世晴先生に聞いてみないと分からんけど・・・。 それで、「天使なんかじゃない…

【漫画】「暗殺教室」松井優征:著(全21巻)大人読みしました。

月の7割を破壊した謎の生物「殺せんせー」と、彼が教師として担任を受け持つ「椚ヶ丘中学校3年E組」の生徒たちの交流物語。 殺せんせーの暗殺の依頼を受けた椚ヶ丘中学校3年E組の生徒たちが成長して行く「金八先生」的な学園モノの変形とも読み取れます。 …

【漫画】「まんが道」藤子不二雄Ⓐ:著(愛蔵版全4巻)大人読みしました。

漫画家を目指す2人の少年(藤子不二雄Ⓐと藤子・F・不二雄がモデル)の成長を描いた自伝的な内容です。 藤子不二雄コンビの話も当然面白かったですが、手塚治虫先生へのリスペクトが素晴らしかった。 切磋琢磨し合い成長できる友人やライバル、そして燦然と輝…

【漫画】「ワンパンマン」ONE:原作・村田雄介:作画(既刊23巻まで)大人読みしました。

趣味でヒーローをやっている”サイタマ”は、ワンパンチ(パンチ一撃)でどんな凶悪な怪人も倒してしまう。 ヒーローがヒーローであるが故の苦しみや、怪人が怪人になった悲しみが戦いの中で語られるが、最後は”サイタマ”の一撃で終わり・・・という逆の爽快感…

【漫画】「鳥人大系」手塚治虫:著(全1巻)大人読みしました。

SF映画の古典「猿の惑星」の鳥バージョンを手塚治虫が描いたという感じの作品です。 短編作品を何章も積み重ねる手法で、人間が知能を持った鳥に支配されている未来が描かれています。 人間も反旗を翻すのだけど鳥に勝てず、鳥は鳥同士で争いを続けたり、結…

【漫画】「NHKにようこそ!」大岩ケンヂ:著(全8巻)大人読みしました。

大学を中退して無職で引きこもりになっている主人公佐藤達広の葛藤を描いた内容。 元々は小説で、のちにアニメ化されている作品とのことです。 この「NHK」とは、日本放送協会(Nippon Hoso Kyokai)の略ではなく、日本ひきこもり協会(Nihon Hikikomori Kyo…

【漫画】「ユフラテの樹」手塚治虫:著(全1巻)大人読みしました。

孤島に調査に訪れた高校生3人(大矢・鎌・シイ子)が、「ユフラテの実」という不思議な果実の存在を知り、その実を口にすると超能力を得て・・・というストーリーです。 大矢は知能が高まり、シイ子は天才的なピアノ演奏ができる程度なのですが、鎌は念力で…

【漫画】「ワンダーランド」石川優吾:著(全6巻)大人読みしました。

朝目覚めると町中の人間が小さくなったことに気づく高校生のゆっこと出会う謎の美少女アリス。 実はアリスは超能力の持ち主で、その能力を獲得したい自衛隊が彼女を捕らえようとするが・・・というサスペンス&ファンタジー作品です。 途中までいい感じでし…

【漫画】「神秘家水木しげる伝 」水木しげる:著(全1巻)大人読みしました。

水木しげる先生の半生を描いた自伝的漫画です。 幼少期から霊感が強かったとか、戦時中は南方ラバウルの現地人と仲良くなったとか、かなりユニークな人生ですね。 どんな時も、妖怪に守れていることを感じ、自分の道を進んできた水木先生に癒される内容でし…

【漫画】「紙の砦」手塚治虫 :著(大都社版全1巻)大人読みしました。

手塚治虫の短編「紙の砦」「すきっ腹のブルース」「ゴッドファーザーのむすこ」「四谷怪談」「トキワ荘物語」「ガチャボイ一代記」が収録された大都社版の「紙の砦」です。 「紙の砦」は、戦時中の手塚先生の実体験を元に描いたもの。終戦の開放感と、空襲で…

【漫画】「どろろ」手塚治虫:著(秋田文庫版全3巻)大人読みしました。

手塚治虫版妖怪退治という内容ですが、水木しげる先生の妖怪もの作品に対抗心を燃やして創作されたという逸話が残っています。 それでも手塚節炸裂の名作で、奇形児として産まれた百鬼丸が妖怪を倒すたびに失われた身体が戻ってくる設定で、しかも孤児である…

【漫画】「チェンソーマン」藤本タツキ:著(既刊10巻まで)大人読みしました。

おや、新しい時代の作品ですね。 基本は、悪魔退治(デビルハンター)の話なのですが、主人公デンジ+ポチタ=チェンソーマン は、なんだか果てしなく続く「辛い現実」を生きる現代の若者のよう。 「夢は叶う」なんてハナから考えてなく、ジャムを塗った食パ…