読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

「貨幣という謎」西部忠:著

お薦め書籍

f:id:imakokowoikiru:20161118205844p:plain

この本、予想以上の良かったです。
 
「貨幣が市場を作る」
 
これ納得できました。
 
そして、今の資本経済の問題点についても、分かりやすく説明されています。
 
「貨幣が市場を作る」ということは、「貨幣」を変えると「市場」が変わる。
 
これからの「貨幣」は、信頼・信用をポイントにしたようになるでしょう。
 
Amazonの評価みたいなのが、個人のポイントになるのかも知れません。
 
以下、気に入った部分を抜粋します。
 
「おそらく富裕層による増税案の受入れは、批判の矛先が経済的不平等という枠組みを超えて、資本主義という名のゲームのルール自体の不公正という根本問題へ向かうことによって不満が爆発し、資本主義自体が崩壊してしまうことを恐れてのことでしょう。根本的な問題は、機会の不均等という不正、ルールの事後的な変更という詐欺であるにもかかわらず、そういう問題にふたをして、自由競争の結果としての不平等と解釈しうる経済格差の是正にすり替えようとしているわけです。」
 
量的緩和の縮小をいくら徐々に進めるにしても、ある閾値を超えれば、量的緩和に関するプロ投資家たちの「予想の自己実現」は崩れ、それに伴い一般大衆の「慣習の自己実現」も一度に崩壊してしまう可能性があります。そうなると、「観念の自己実現」として成立していた静かなる(熱狂的というより)バブルが崩壊してクラッシュが起きるでしょう。」

 

貨幣という謎―金(きん)と日銀券とビットコイン (NHK出版新書 435)