「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

全ての繋がりに感謝しよう

f:id:imakokowoikiru:20170214112312j:plain

いつもながら中国に帰ってきて、ネット規制にうんざりしながら考えました。
(中国では、Facebook、Line、GoogleYou Tubeなど
 普通では使えないものがたくさんあります。)
 
人間って他人との関わり合いがあるから「生きている」ですね。
 
逆に言えば、生物として生きていても、社会的な「人間」として生きてなかったら、
「生きて」いないことと同義なのです。
 
ひょっとしたら、いつの日か、「一生ネットにアクセスできない」
という刑罰ができるかもしれませんね。
 
「あなたは●●の罪で、一生ネットにアクセスできません。」と求刑されたら?
 
ネットで買い物もできないし、メールやメッセージで誰とも連絡が取れない!
 
それよりも、うぉぉぉぉ!エロサイトが見れない!

(そっちかい?)
 
ある意味、独房に入るのと同じ、昔で言う「村八分」と同じです。
 
ネットに依存する割合が多い現代社会では、実際の社会でのコミュニケーション能力の低下も問題ですが、ネットでの繋がりができないと死活問題になるでしょう。
 
情報を収集するのも、情報を交換するのも、ネットでの割合が増えていますよね。
 
もし、一生ネットが使えなくなったら? 
今の生活スタイルは維持できないのではないでしょうか?
 
今回は、刑罰という形で、少し極端な表現をしましたが、振り返ってみたら、
ネットでしか繋がっていない人も多いかと思います。
 
メールアドレスや電話番号はもちろん、本名も知らない人と付き合っていることが多い。
 
もし、何かトラブルがあって、ネットが繋がらなくなったら?
(大きな災害があった時なども含めて、リスク回避が必要です。)
 
そういう人と一生連絡が取れなくなるかも知れません。
 
本当に繋がっていないといけない人とは、ネット上だけではなく、
別の連絡手段も確認しておきましょう。
 
そして、将来「一生ネットが使えない刑」ができないように、
表現の自由を守り抜かないといけません。
 
そんなことを中国のネット規制下で考えてしましました。
 
社会的な人間の営みって、何なのだろうってね!

f:id:imakokowoikiru:20170214112451j:plain

今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

繋がっているから人は生きている

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村