「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

これからの超高齢化時代、”クソジジイ王”に俺はなる!

これからの超高齢化時代、”クソジジイ王”に俺はなる!

以前にも何度か書きましたが、私は年老いたら、「クソジジイ」になりたいんですよね。(なんだ?いきなり)

 

 

 

この場合の「クソジジイ」というのは、周りに流されず自立した「大人」の”洒落た”おじさん(おじいさん)という意味です。

 

 

 

と言うのも、昨今問題となっている高齢者の自動車免許の返納「運動」について、「返納」を支持する方からご意見を頂き、色々考えさせられたからです。

 

 

 

当然、私は、高齢者になっても自動車免許は返納致しません。

 

 

 

むしろ、60歳になったら、自動二輪の免許を取って、ツーリングを趣味にしたいと思っているくらいです。(70歳までに、キャンピングカーで世界一周したいです。)

 

 

 

もし、自分の反射神経が鈍くなり、運転は難しいと感じても、免許の返納はしません。

 

 

 

もちろん、その時の状況を考えて、運転を自粛したり、あるいは、運転をしなくてすむ環境に変えることはあると思います。(その時は、自動運転が普及していれば、さらに良いですけど)

 

 

 

高齢者の立場から言えば、「わしの権利(自由)を奪わんとってくれ!」と言うことですよ。

 

 

 

法律で禁止されていることならまだしも、「免許」という法律に則って得た権利なのですから、他人にとやかく言われて返納するつもりはありません。

 

 

 

「おじいちゃん、運転は危険だから、免許返納してよ」とか「もし事故を起こして人を傷つけてしまったら、後悔するでしょう!」とか言われても「うるさいわ、それくらい理解しているわ」ってことですよね。

 

 

 

だから、あえて「”クソジジイ王”に俺はなる!」と言いたいんです。

 

 

 

まさか、ご家族にご高齢の方がいらっしゃる場合、「おじいちゃん、それ危険だからやめてよ」とか「おばあちゃん、そんなことをして怪我したり、させたりしたらどうするの?」とか言ってないでしょうね?

 

 

 

高齢の方のためを思って、こういうことを言ってるのだと思いますが、高齢者の側からしたら、「お前は役立たずだから、早く死んでくれ!」「何か事故でも起こしたら、大変で困るのは家族だよ」としか聞こえないのではないか?と思うんですよね。

 

 

 

もし、私が高齢者で言われるとしたら「公道での運転は危険があるので、全自動ナビゲーション付きの自動車をプレゼントするからこれを使ってね」とか、「それでもドライブを楽しみたいのであれば、鈴鹿サーキット1日貸切チケットをあげるんで、ここで運転してね」と言って欲しい。

 

 

 

この段階で、もう十分、”クソジジイ王”になっているって???スミマセン。

 

 

 

けど、家族、特に子供や孫から反対される高齢者って、辛いだろうな。

  

これからの超高齢化時代、”クソジジイ王”に俺はなる!

 

私みたいに、”クソジジイ”度が高ければ、「何、くそ!反抗してやる!」と言えるでしょうけど、普通、受け入れることも多いでしょうから。

 

 

 

これからは人生100年時代と言われます。

 

 

 

仕事を辞めてから、30年以上を「何かをして」過ごさないといけない訳です。

 

 

 

どうすれば、死ぬまで質の高い生活をして行くことができるのか?

 

 

 

今からで考えて行くことが、日本の将来をよくして行くことではないでしょうか?

 

 

 

もちろん、私が高齢者になった時は、「かっこいい」&「(他人の意見を聞く)素直」な”クソジジイ”になりますよ。

 

 

 

頑固で聞き分けのない”クソジジイ”って、若い女性にモテなさそうですからね!

 

これからの超高齢化時代、”クソジジイ王”に俺はなる!

 

今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

誰もが高齢者になるのに、誰もどう生きるか考えてない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

↓応援クリックして頂けると励みになります。ありがとうございます。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

はてなIDがなくても拍手して頂けます!コメントもOKです。↓

web拍手 by FC2