「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

全て自己責任?そりゃ辛いと思う時にしたい発想転換法

f:id:imakokowoikiru:20180929210339j:plain

人生が思った通りにいかなくて、色々学びながら努力しているのだけど、なかなか光が射してこない。

 

 

このトピックに書いてあることなどを参考にして、行動しているのだけど、全く好転せずに辛い。

 

 

よく自己啓発の本を読むと、「人生で起こっていることは、あなたの行動の結果であり、現状の姿もあなたが引き寄せたものだ」と書いてあります。

 

 

そう、自分の人生は、自分が責任を持つと覚悟を決めないと、つまり今起こっていることも自分の責任だと認めないと、良くならないということです。

 

 

はい、ま、これは正しいのですが、やっぱり上手くいってない時に、「そりゃあんた自身の責任だよ」と、傷口に塩を塗るような「正論」を言われても、辛い!ってことありますよね。

 

 

私なら、泣くわ・・・え〜ん、え〜ん!

 

 

という訳で、自分の人生は自分の責任と認めてつつ、日々努力をしているけども、なかなか思っていた結果が出てこなくて、本当に本当に辛い時はどうすれば良いか?

 

 

もう、私のせいにしちゃってください!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


私(読むだけ元気お届け人)のせいにして気が済むなら、それでいいですよ!

 

 

全て受け止めます!

 

 

この海より広い心で、あなたのマイナス・パワー(心の毒)を引き受けましょう!

f:id:imakokowoikiru:20180929210606j:plain

 

それで気が楽になってまた次に進めるのであれば、私(読むだけ元気お届け人)のせいにしてください。

 

 

だって人間、みんなが聖人のように、正しいことを言い続けたり、行動し続けたり出来るものではないですからね。

 

 

毒吐く時も必要ですよ。

 

 

はい、たまには、他人に責任転嫁して、気分をスッキリしてください。

 

 

「こんだけやって出来ないのは、コイツ(読むだけ元気お届け人)のせいだ!」と。

 

 

はい、喜んで引き受けましょう。

 

 

なんかね、健気に一生懸命頑張っておられる人が、なかなか辛い状態から抜けだすことが出来ずにいるのを見て、「自分の人生の責任を認めなさい!」とは言いにくいですよね。

 

 

そういう風に一生懸命やっておられる方は、「ダメなのは自分のせい」「自分の責任を認めなきゃ!」と真面目に、自分を追い詰められていることが多いものです。

 

 

そんな時は、「心」という器に、容量以上のものを何から何まで詰め込もうとしている状態とも言えるでしょう。

 

 

一度、溜まっているものを吐き出して、自らを慰めてみてください。

 

 

結局、他の誰かのせいにしても、あんまり本質的な解決には繋がらないと、その時に気づくものです。

 

 

だからこそ「私は本当に良くやっている。なかなか上手くいかないけど、そのうち良くなるさ。それまで焦らず、誠実にやって行こうじゃないか!」と、たまには自分を褒めてみましょう。

 

 

肩の力を抜いて、リラックスすれば、また一歩進むことが出来ますから。

 

 

自分を慰めたり、自分を癒すことって、誰にも邪魔されずに出来ますからね。

 

 

これ自体、自分を好きになったり、自分を愛することです。

 

 

案外、これが苦手な人が多いんです。

 

 

自分を愛するにも、(心が)いっぱいいっぱいな状態では難しい。

 

 

まず、心に溜まっている毒を、私に吐き出してスッキリしてから、見えてくる風景をかみしめてみましょう。

 

 

それが本当にあなたの望む風景なんです。

f:id:imakokowoikiru:20180929210704j:plain

 

こちらもご覧くださいね→

imakokowoikiru.hatenablog.com

imakokowoikiru.hatenablog.com

 
今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

心がいっぱいいっぱいの時と、スッキリした時に見える風景は違う。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

↓応援クリックして頂けると励みになります。ありがとうございます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

はてなIDがなくても拍手して頂けます!コメントもOKです。↓

web拍手 by FC2