「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

過剰に反応して心に余裕がなくなる時の対処法ージャガイモ編

f:id:imakokowoikiru:20171022123432j:plain

先日、またもやご相談を受けました。
 
 
 
「私は、過剰に反応して心に余裕がなくなる時ある。ビビってしまって動けなくなる時があって、どうしたら良いか悩んでいる。」とのことでした。
 
 
 
結論から言いますと、「人をジャガイモにどれだけ思えるか?」ということなのですが、今回はそのメカニズムを、おちゃらけ満載で解説します。
 
 
 
まず、なぜ「ビビるか?」ってことですね。
 
 
 
それは「身を守るため」です。
 
 
 
人間も哺乳動物ですので、他の動物に捕獲されて食べられる可能性がありました。(今はほとんどその危険性はないですけど)
 
 
 
なので、他の動物に捕獲されそうになった場合は、一瞬で敵か味方を判断して、敵であれば一目散に逃げないといけません。
 
 
 
その時に脳にいろいろ物質が分泌される訳ですね。
 
 
 
これが「恐怖」と認識されて「ビビる」んです。(もちろん、実際に本当の敵に出くわした時は「恐怖」という感情さえ感じず、とりあえず逃げるんですが・・)
 
 
 
なので、「ビビった」時は、「逃げる」のが正解です。あるいは、「安全に感じる所に止まる・移動する」のが正解です。
 
 
 
はい、以上です!
 
 
 
え? けど、それじゃ日常生活に支障をきたす?
 
 
 
そうなんですよね・・・・人間っていう動物は厄介なもので、大脳が発達しすぎて、本来動物として必要な「本能」の部分を様々な解釈をするようになって、別の障害を産んでしまうんです。
 
 
 
いわゆる「パニック障害」って呼ばれるものも、厳密な原因ははっきりしていませんが、こういった脳の「癖」による「新しい障害」なのかと思われます。
 
 
 
実際に、パニック障害を患っている方は、突然頭が真っ白になって、何もできなくなって、日常生活ができるなくなって、大変な状況になるんです。
 
 
 
さて、それではどうしたら良いか?
 
 
 
まず、何に対して、過剰に反応してしまうのか?これが分かれば、いくぶん対処がしやすくなります。
 
 
 
例えば、ある場所に行ったり、ある似ている状況に遭遇する時だけ「パニック」になるのであれば、それを避ける方法、あるいは、それに慣れる方法を考えれば、手は打てます。
 
 
 
しかし、問題なのは、過剰に反応してしまう条件が、特定できなかったり、ものすごく多岐にわたる場合です。
 
 
 
こういう場合は、引きこもりになって刺激を遮断するか、脳の別の「癖」である「錯覚」を利用するしかないんですね。
 
 
 
はい、引きこもりが良い人は、それが手っ取り早いので、その方法でも良いでしょう。(個人的にはオススメしませんが・・・)
 
 
 
「錯覚」を選んだ人、はい、これが「人をジャガイモに思うこと」なのですが、自分以外の人間を、全てジャガイモに「錯覚」して人生を送ろうということです。
 

f:id:imakokowoikiru:20171022123437j:plain

 
この方法の弊害は、例えば、綾瀬はるかさんや、新垣結衣さんや、広瀬すずさんも、「ジャガイモ」に思い込まないといけないので、人生の楽しみがものすごく減ってしまいます。
 
 
 
アダルトビデオ(AV)を観ても、ジャガイモ同士が「あん、あん」やっていても、興奮しなくなってしまいます。(笑)
 
 
 
う~ん、困りましたね。しかし、これで「パニック障害が治るのであれば、それも良しかも知れません。
 
 
 
パニック障害」は、本能を脳が「錯覚」して、本当に病気になってしまった状態だとすれば、解決策も「錯覚」させるしかないんです。
 
 
 
え? 「パニック障害」は治したいけど、綾瀬はるかさんをジャガイモにするのは嫌? AVはそのまま楽しみたい?
 
 
 
「旦那はん、わがままですね。」 はい、それは「わがまま」ということです。
 
 
 
もしそんなに「わがまま」を通したいのであれば、そもそも「日常生活」自体を、他人に合わすのではなく、もっとわがままな人生を送れば、問題ありませんよ。
 
 
 
自分が本来やりたくない「他の人を同じ常識的な生活」を送らないと「人間失格」と思い込んでいることが、自分を苦しめて「パニック」にさせているのかも知れませんからね。
 
 
今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
常識なんてジャガイモ畑 
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村