「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

私のささやかな生きがい・・・鴨カモかも?

f:id:imakokowoikiru:20170729125413j:plain

実家の母から「これどうしたらいいの?」と焦っている様子でメールがありました。

 

朝携帯を見たら、SMS(ショートメッセージ)でこんな内容の通知があったとのことです。

 

「有料動画閲覧履歴が発生しています。本日中に未納料金を支払わないと法的手段を取ります。連絡先:03-4586-5067」

 

f:id:imakokowoikiru:20170729125612j:plain

あ、これ、架空請求の詐欺ですね。

(この電話番号、本当に載っていた番号ですので注意してね!)

 

「これは詐欺のメールなので、完全無視でいいです。法的手段云々は、相手を脅かそうとしているので気にしなくてはいいですよ」

 

と連絡すると「ああ、良かった」と母から返事がありました。

 

まぁ、私なんぞ過去にいろいろ、エロエロなサイトを見て、痛い目にあっている(?)ので、この手の免疫はついているのですが、私の母のような慣れていない世代の人にとっては、真剣に焦るんでしょうね。

 

そこに詐欺集団が付け入る訳ですが・・・・まぁ、今回母は冷静に私に相談して来ているので、こちらも一安心しました。

 

最近、LINEなどのSNSというコミュニケーションツールが発達しているので、メールではなくて、チャットでやり取りする機会が増えています。

 

メールという媒体が以前に比べ、読まれなくなったという事実もあるのでしょう。

 

以前ならメールで送っていたことも、チャットなら形式張らず気軽にメッセージをやり取りできる。

 

それはそれでメリットがあるのですが、ツールが増えれば、悪いことをしようとする人も増える訳でして、これからはチャットを利用しての詐欺も増えていくでしょうね。

 

インターネットができて最初の頃にいろいろ痛い目にあった世代なら、これは詐欺だとすぐ気付くことでも、スマホから本格的にネットの世界に踏み入れた人は、慣れていない分、引っかかりやすいので注意が必要です。

 

私も最近特に、「LINEでやり取りしませんか?」Facebookで知り合った人から誘導されます。

 

私の場合、中国在住なのでLINEが見れないということもありますし、しかも日本の携帯電話を持っていないので、以前のアカウントにもログインできないんです。

 

先日もこんなやり取りがありました。

 

石原●●さんからのメッセージ

 

石原さん:「友達かもにいて申請しちゃいました!よろしくです♪大丈夫でした?(汗)」

 

私:「大丈夫ですよ。よろしくお願いします。」

 

石原さん:「よかったらラインで絡みませんか?」

 

私:「私は、中国在住なので、LINEは使えないんですよ。」

 

私:「ラインでどんな集客をしているんですか??知りたいんですが、LINEのアカウントには入れません。。。。」

 

私:「日本の電話番号も持ってないので。。。Wechatならあるんですけど。どんな誘導をされているのか、教えてください。」

 

f:id:imakokowoikiru:20170729125828j:plain

(写真と本文は関係ありません。)

 

その後、石原さんからは連絡ありません。

 

LINEで絡もうとしてくる他の方も同様の感じです。

 

「もっと真剣に集客してよ!」

(何故か腹立たしい!Wechatで誘導してみろ!って思うんですけどね。)

 

以前に投資詐欺の勧誘について書いたこともありますが、もっと真剣にやりましょう。何でも簡単に済まそうとしないでください。

 

本当の詐欺のノウハウを私なりに分析して、皆さんに広く公開していきますので。

 

これが私の「生きがい」なんです!

 

そして、詐欺に騙されないように、皆さんのネット・コミュニケーション・リテラシーを上げようと頑張ります!

 

あ、LINEが使えないというのは本当で、携帯電話を解約してしまったので、以前にその番号で登録したLINEのアカウントに入れないんです。

 

困った、困った。

 

え?私こそネット・コミュニケーション・リテラシーが足りない?

 

いいですよ。ネギ鴨ちゃんなので、絡んでくださいね。

 

お待ちしておりますよ。嘘です(笑)

 
今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

人は心に隙間を持っているもの

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村