「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」戸部良一・寺本義也・鎌田伸一・杉之尾孝生・村井友秀・野中郁次郎:著

f:id:imakokowoikiru:20171218124356j:plain

少し前に話題になっていたので、チェックしてみました。
 
「いかに国力に大差ある敵との戦争であっても、あるいはいかに最初から完璧な勝利は望みえない戦争であっても、底意はそれなりの戦い方があったはずである。しかし、大東亜戦争での日本は、どうひいき目に見ても、すぐれた戦い方をしたとはいえない。」(本書のねらいより)
 
確かにそうなのでしょうけど・・・・
 
大東亜戦争の遺産を現代に生かすとは、次の戦争を準備することではない。それは、今日の日本における公的および私的組織一般にとって、日本軍が大東亜戦争で露呈した誤りや欠陥、失敗を役立てることにほかならない。」(本書のねらいより)
 
はい、そうですよね。
 
で、本書では失敗事例について、これでもかと追及をしているのですが、それだけでは「反省」というよりむしろ「自己批判」ですよね。
 
あの状況下、「負け戦」を覚悟した上で、どうすれば「勝利」できたのか?
 
合理的に追求することが、「失敗を役立てること」になるのではないでしょうか?
 
その視点が全くなかったので、終始一貫、非常に違和感を感じ続けた著作でした。

 

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎
中央公論社
売り上げランキング: 236

にほんブログ村