「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

関西人が関西を恋しいと思うのは、リズム感が違うから・・・異国の地で感じた関西文化論

f:id:imakokowoikiru:20170723162104j:plain

中国で生活していると、気がつきました。

 

海外で働くことよりも、周りに関西人がいない方が辛いということを・・・。

 

海外なので、日本語をしゃべる機会が減るのは仕方がないのですが、それよりも関西人独特の言葉のキャッチボールができないことが辛いのです。

 

関西人って、何でもないことでも、ついついボケるじゃないですか?

 

こう見えても、私は、お茶目系なボケで有名ですし。

 

お茶から芽がでるくらい、おちゃら系なボケを得意としておりますしね。

 

お茶芽軽(おちゃめ けい)と名前を変えたいくらいの勢いなのです。(笑)

 

実際、市役所へ行って、戸籍を変更しかけたくらいです。(冗談です)

 

その時は、家族の涙ながらの反対に、私も折れましたが・・・・

 

で、話は戻って、関西人としての言葉のキャッチボールの話です。

f:id:imakokowoikiru:20170723162458j:plain

まぁ、例えば、ちょっと仕事に行き詰まって、トイレに行って帰ってきたとしましょう。

 

普通に席に戻るのは、ちょっと普通に苦痛なので、まぁ、ちょっと軽くボケて笑いが欲しいなぁ、って時ありますよね。(関西人しか分からない感覚かも知れませんが)

 

まぁ、例えばなんですが、一番ベタなパターンで、入り口で蹴つまずくとか。。。(実際、関西人は、こんなベタなことはしませんよ!)

 

こんな感じで、ボケても、誰も・・・・何も・・・・全く・・・・・ツッコんでくれない!!!

 

こちらのオフィスで働いている日本人は、みんな関ヶ原より東の方なんですぅぅぅぅぅ!!

 

この冷たい空気、氷付くような視線。

 

関西人のノリが恋しい!!!!!と思う瞬間です。

 

しかし、最近、中国人スタッフも、分かって来たようです。

 

私が、お茶目なボケをすると、クスクスと笑っています。

 

よし、もう少しや。

 

教えたる!浪速のど根性、ボケとツッコミの極意を!

 

いつの日か、中国人にツッコまれるのを楽しみに、今日も一人、お茶目なボケを重ねる関西人なのでした。

 

今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

小さな笑いから世界が平和へ

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村