「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~」吉本浩二:イラスト, 宮崎克 :原著

f:id:imakokowoikiru:20170704093035j:plain

今回は、私の尊敬している手塚治虫さんの話です。

 

宝島社の「このマンガがすごい!」2012年のオトコ編で、第一位をとった「ブラック・ジャック創作秘話」というマンガを読みました。

 

手塚治虫先生が自身の会社を倒産させてしまい、漫画もスランプ状態に陥った後に、「ブラック・ジャック」という作品を発表し、復活を遂げた頃の話を書いたものです。

 

手塚治虫先生のエピソードが、当時の関係者のインタビューを元に描かれています。

 

一番、驚いたというか、笑ってしまったのが、原稿を上げずにアメリカ旅行に行ってしまった話です。

 

前倒しで出発前に書き上げるという編集者との約束も果たせず、別の原稿は搭乗手続きギリギリで書き上げたけど、結局ブラック・ジャックの原稿は上らず、そのまま出発してしまいました。

 

帰国予定日が、原稿の最終校了日なので、編集者は、悲壮な表情。

 

そして、人物だけを入れた原稿を送るという約束も間に合わず、関係者はただどうしようもない状態になっていました。

 

いよいよ、もう間に合わないと、あきらめかけた瞬間、手塚先生が国際電話でアシスタントに口頭で指示をして、背景の原稿を仕上げるという作戦に!

(当時、インターネットはおろかFAXもない時代でした。)

 

アシスタントに方眼用紙を用意させ、マス目の指示をしながら、枠線を書かせて、コマ割り原稿を作らせました。

 

その日はそれだけ!

 

そして翌朝、手塚先生から電話があり、過去の自分の作品の中から、ページとコマ数を指示して、そこにある背景をアシスタントに描かせていきました。

 

何十コマもある背景を、次から次へと指示していく手塚先生。

 

その手塚先生の手元には、全く資料はなく、全て自分の記憶から呼び出して指示をしていくのです。

(原稿を督促にアメリカまで行っていた別の編集者の証言による)

 

こうして背景をアシスタントに用意させ、自分は帰りの飛行機の中で必死の形相で人物の原稿を書き上げる。

 

空港の到着ゲートから出た途端ホテルへ急行し、別々に描いた背景と人物の原稿を切り合わせて、仕上げたのです。

 

とにかく凄まじいエピソードです。

f:id:imakokowoikiru:20170704093356j:plain

他にも、原稿の出来がいまいちだとのアシスタントの感想で、せっかく出来上がった原稿を没収し、もう一度やりなおす話とかが紹介されています。

 

とことん、読者のため、面白い作品を描く根性というか、気合いが伝わってきて、めちゃくちゃ刺激になりました。

(締め切りは何としても守るという根性も!)

 

なんか、こんなに必死になって何か(漫画という仕事)に没頭しているチーム手塚治虫が、羨ましいですね。

 

よければ一度、どうぞ!

ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜」 

にほんブログ村