「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

観客が下手な手品(政治)ショーなんて見たくない理論

f:id:imakokowoikiru:20170728104317j:plain

手品って、目の錯覚、もっと言ったら一種の騙しなのに、手品ショーって、お金を払っても詐欺罪で訴えられないですよね。

 

それは、聴衆が目の錯覚を楽しんでいることと、その手品をするにはそれなりの技術が必要なので、その対価(価値)にお金を払っている訳です。

 

そんなことを考えていたら、本来政治家がすべきことは、国民という観客に、壮大な夢を見させる手品の演出に徹底することなのでは?という思いにたどり着きました。

 

泥棒は犯罪だけど、政府(国)が税金を徴収しても犯罪にはならない。

 

けど、税金を心良く払っている人って、あんまりいない。(というか、むしろ嫌々の人の方が多いのではないでしょうか?)

 

泥棒と政府(国)を一緒にしてはいけませんが、泥棒や詐欺が悪いのは、人の所有しているものを無断で奪うから、つまり「所有権」いう人間の基本的人権を侵害しているからです。

 

ただ、経済的な視点からすれば、ある「価値」を勝手に別の所に移動させているだけです。(Aさんが所有していた1万円分の価値を、Bさん【泥棒】に勝手に移動させた。)

 

単なる価値の移動で、新たな価値を生み出した訳ではありません。

 

「勝手に」移動させたこと(憲法的視点)も問題ですけど、新たな価値を生み出していないこと(経済的視点)も問題だと思うんです。

 

それなら、税金の場合はどうでしょう?

 

これも経済的な視点で言えば、これも「価値」を移動させただけで、新たな価値を生み出した訳ではありません。(納税という権利の元、合法化されてますけどね!)

 

政府自体は価値を創造することできずに、ビジネスという形で企業にお金を払って、公共事業などを行う訳ですね。

 

税金は合法なのに、国のことを盗人みたいに思ってしまうのは何故なんだろう?

 

それは華麗な手品を見せてくれないからだと・・・・。

 

イリュージョン!国民を楽しませてくれないからですよ。

 

壮大なイリュージョン、華麗な手品であれば、その入場料に価値があると思って、みんな快くお金を払う訳ですわ。

 

最近の日本の政治は、手品ショーとして成功したのかな?

 

会場に入場する前から、かなりネタがばれていた手品だった部分はなかったのかな?

 

多くの国民は、入場料の高すぎるショーだと思っているのかも知れませんね。

f:id:imakokowoikiru:20170728104642j:plain

(写真と本文は関係ありません。)

 

今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

お金が払いたくなるような夢を与えよう

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村