読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

非常に正しい願掛けの作法

マインドセット コラム

f:id:imakokowoikiru:20170206112016j:plain

お正月なので、初詣に行って、願掛けをしてきた方もいらっしゃると思います。
  
え?まさか、「今年も健康で・・・」とか「家族が元気で・・・」
とか「世界が平和で・・・」とか願ってきた訳じゃないですよね?
  
しかも、たった10円程度のお賽銭で??(OMGぉぉぉぉ!)
(お賽銭の額は関係ないんですけどね!)
  
一体、全世界に何人の人間がいると思っているのですか?
(初詣という習慣はないかも知れませんが、
 年始に願掛けする風習があるのは多くの文化に共通しています)
  
神様(信じている信仰の対象に当てはめてください。以下同)の
立場に立って考えてみましょう。
  
70億人の願いを全部に対応しないといけないので、
年始は大忙しなんですよ!!!
  
神様目線で物事を考えると、
「本当にご苦労様です。ありがとうございます。」

という気持ちになりませんか?
  
という訳で、今回は、これを読んで頂いている貴重なアナタに、
お正月特別特典として、

「非常に正しい願掛けの作法」をお伝えします。
 

f:id:imakokowoikiru:20170206112102j:plain

まず、お願いをする時の最初の作法

(賽銭とか礼とかその辺の仕きたり)は、隣の人の真似でOKです。
(あんまり細かく気にすることはないです。
 要は礼儀正しくすれば良いんです。)
  
それで問題は、願い事の内容の訳です。
  
「家族が元気で・・・」とか「世界が平和で・・・」とかなら、
まだ1万歩譲って可愛い願いですが・・・・
  
「テストで良い点を取れますように」とか、
「あの人とお付き合いができますように」とか、
完全自分の欲望の塊などは言語道断なのです。
  
そんな願いを、誰が真っ先に叶えたいと思うでしょうか?
  
という訳で、ここからが奥義、誰にも秘密の秘伝の模範解答です。
(よく読んで記憶するように!)

  
「神さん、神さん、いつもありがとうございます。
 神さんのおかげで、何とか無事にやってます。」
(まずは感謝です。人としての基本です。)
  
「神さんも、いろいろ大変ですね。特に正月なったら、
 よくわからん人がたくさんやって来て、
 『テストで良い点を取れますように』とか、
 『あの人とお付き合いができますように』とか、
 みんな同じようなわがままな要求してくるでしょうから。
 それは大変かと思います。」
(ご多忙な神様に労いの言葉をかけましょう。
 神様がホロッとするような内容なら尚Goodです。)
  
「私は今回こうやってお参りさせて頂いているのは、
 他でもありません。いつもお世話になっている神さんが
 元気でやっているのを、拝見させてもらいたいからなんです。
 私に細かい願い事なんか、ありません。
 神さん、もし何か手伝えることがありましたら、
 いつでも相談してください。私と神さんの仲じゃないですか!
 気を使わなくていいですよ。いつでもおっしゃってください。」
(ここで、礼をしましょう!)
    
はい、これが模範解答です。
   
そこで、思わず神様が、

「おい、ちょっと、そこの君。」

と声をかけてくれれば、完璧です。
   
ポイントは、

神様の願い事を聞いてあげられる人になる

ということです。
  
よく「成功」というのは、利己主義ではなく、
利他主義が大切っていうじゃないですか?
  
なのに、

なぜ初詣の時は、思いっきり利己主義になるのでしょう。
 

   
本当に実現したい願いであれば、神様に対しても利他主義
接しないといけない訳ですね。
  
もし、初詣がまだの方は、是非試してみてください。
  
あ、ちなみに、この秘伝の奥義は他言しないようにお願いします。
  
うちの家に代々伝わる裏技なので・・・よろしくね。
 

     
今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
神様の願いを叶えられる人になろう
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪