「言葉こそ人生」読むだけ元気お届け人の"今ここを生きる心"の裏側

「心の豊かさ、今ここを生きる」の管理人が個人的にお伝えしたいマインドセットやアイテムを紹介するブログです!

『「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度』前田出:著

f:id:imakokowoikiru:20170122115305j:plain

これは勉強になりました。

 

MLM(マルチ)の仕組みではなく、多くの人に共感とメリットを伝達する仕組みとして使えると思います。

 

この本を読んで、やってみたいことが、色々出てきました。

 

過去、上手くいかなかったビジネスも、この仕組みを使えば、上手くいっていたのかな?と思うところがありましたね。

 

次は、この新家元制度うまく活用しながら、できればなぁと戦略を練っております。

 

※この本は、Kindle版を購入しました。

 Kindle仕様になっていたので、読みやすかった。

 今後、こういう見やすい編集の仕様も増えていくんでしょうね。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

「サラリーマン金太郎 五十歳」大人読みしました!

f:id:imakokowoikiru:20170502144309j:plain

この「五十歳」シリーズは、福島の原発事故をモチーフにした内容になっています。

 

本当に、金太郎のようなリーダーシップを持って解決しないといけない。

 

福島の原発事故から、6年が経過して、何か違う方向に行ってないかい?日本。

 

そんな痛烈なメッセージが込められた作品です。

 

全4巻で、ストーリー展開もわかりやすかったです。

 

また、他のシリーズも読んで見たくなりました。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

逆に自由のために戦えますか?

f:id:imakokowoikiru:20170328175359j:plain

この時期になると、テレビやその他のメディアで、「戦争」のことを扱いますよね。

 

古くからの私のメルマガなどの読者の方には、何回かお伝えしましたが、最近の読者さんには伝わっていないかと思いますので、あらためてお伝えしたいと思います。
(あえて、この時期にこのトピックを扱うリスクはあるんですけど・・・)

 

「平和」の対義語は?

「混沌」ですね。

 

「戦争」の対義語は?

「交渉・折衝」ですね。

 

もし、「戦争」という交渉方法が、国家間で使えないとしたら?

 

いや、質問を変えましょう!

 

「戦争」という交渉術を必要としない世界秩序って、どんなシステムなんだろう?

 

未だ人類は、そういう段階になっていませんが、金融資本主義が、次のステップに上がれるとするのであれば、出来るんじゃないかなぁ、と期待しています。

 

その為には、その権利を獲得するための「戦い」が必要なのかも知れませんが・・・・。

 

さて、第二次世界大戦で、我々日本人が学んだこと。

 

悲惨な戦争体験を伝えること?

 

それもあるでしょう。

 

それだけでは、センチメンタルな反戦を訴えるだけにならないか?

 

この時期のメディアのあり方を見ていて、そう感じます。

 

我々日本人が学ぶべきことは、

「日本軍が行った間違った判断を二度と繰り返さない」

ことではないでしょうか?

 

「なぜ日本軍は、負けたのか?」

 

このことは、もっと考えないといけないのでないでしょうか?

 

そして、それを今後の社会に役立てないといけない。

 

それが、我々の先輩が、今生きている我々に伝えようとしたこと。

 

日本の未来、そして世界の未来は、「もっと考える力」にかかっていると思うのです。

f:id:imakokowoikiru:20170328175603j:plain

今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
もっと考える力を、獲得するために戦えますか?
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

≪受け入れる心~感謝の心~≫

f:id:imakokowoikiru:20170629122544j:plain

お釈迦様は、
この世の苦しみ・悲しみの根元は、
「思いどおりにならないこと」
と悟りました。
 
自分の思いどおりに
ならないことに対して、
それに逆らって
なんとかしようとするからこそ、
人は悩み・苦しむのです。
 
人の苦しみや悲しみは、
外から与えられるもの
ではありません。
 
苦しい・悲しいと思う心、
つまり、人の内(心)から
苦しみや悲しみが
発生しているのです。
 
だから、お釈迦様は、
こうおっしゃっています。
「すべて、受け入れなさい」と。
 
それは、頑張る生き方ではなく、
楽に生きる生き方です。
 
人に頼って、
人に甘えて、
あるいは人に頼られて、
時には人から甘えられて。
 
自分の思いどおりに
世の中を変えようとしないで、
それを受け入れて、
こころを楽にして生きてゆくこと。
 
そして、その最高の形は、
「ありがとう」と
感謝することだったのです。
 
水を飲めることに 「ありがとう」
息ができることに 「ありがとう」
食事できることに 「ありがとう」
仕事があることに 「ありがとう」
家族がいることに 「ありがとう」
友達がいることに 「ありがとう」
話ができることに 「ありがとう」
歩けることに   「ありがとう」
病気でないことに 「ありがとう」
生きていることに 「ありがとう」

 

f:id:imakokowoikiru:20170629122613j:plain

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

※『こころの豊かさ、今ここを生きる』
  https://www.facebook.com/kokoroyutaka
   
☆オリジナルの無料メルマガです
 明日も笑顔で生きたい!今日も一日頑張った!
 というアナタにこそ、是非読んでもらいたい
 「読むだけで元気になれる10の言葉」
 http://bit.ly/1vqqY4b
    
●管理人の個人Facebookです。
 日々の生活から気付きを得ることの重要性
 お気軽に友達申請してください♡
 http://on.fb.me/1KbXf6p
 
※『こころの豊かさ、今ここを生きる』の人気記事を
 10日間の無料メルマガ講座に集約!
 「こころの豊かさ、今ここを生きる」ベストセレクション
 ご登録は無料です!是非どうぞ!
 http://bit.ly/1MI6bNG
 (ベストセレクション第一弾)
 
※『こころの豊かさ、今ここを生きる』の超人気記事を
 厳選して、10日間の無料メルマガにまとめました。
 「こころの豊かさ、今ここを生きる」スーパーベスト
 納得の言葉ばかりです!ご登録はコチラからどうぞ!
 http://bit.ly/1Pyaf9O
 (ベストセレクション第二弾)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

都合の良いお客様・気持ちの良いお客様(お客様も神対応!)

f:id:imakokowoikiru:20170731100145j:plain

宅配業界の大手のヤマト運輸が、運送費を上げないとやってられないわぁ、との報道が流れていますね。

 

ネット通販(具体的にはAmazonさん)が流行って物流の量が増えたこと、荷物を配達するドライバーが増えないこと、様々な理由があるみたいです。

 

あと、再配達のサービスをしても、指定された時間に再配達をしても受け取る人が出てこなかったりして、何度も荷物を持っていかないといけないケースもあるとのこと。

 

これは大変ですね。

 

実は、何度も再配達をしているコストも、運送会社や他の一般の人が負担している訳です。

 

あと、ドライバーさんの肉体的な負担もあります。

 

中国の運送事情ですが、やっぱりこういうサービスもレベルは日本みたいに高くなく、例えば、集合住宅の場合は、「管理人の所に荷物置いて置いたから」と連絡があったり、宅配ボックスもあるのですが、お正月など繁忙期は、勝手に預かり料金が上がったりします。

 

普段は、最初の1日は料金無料の宅配ボックスが、ある日突然、2時間以上は有料とかになる訳です。

 

これって、需要と供給の関係です。

 

ある意味、フェアなトレードですね。

 

日本の場合「サービス」があって当たり前という風潮なので、サービスを無料でやっている限り、どこかにしわ寄せがくるんです。

 

昨今の宅配業界の問題は、この負担が、全部ドライバーにきていて、「こりゃたまらん」ってことになっているんですね。

 

日本のサービス業は「チップ制」にしたらどうか?という提案を以前にもしましたが、宅配業界のケースも同じ考え方が必要なのではないかと思います。

 

f:id:imakokowoikiru:20170731100450j:plain

 

荷物を届けて、問題なく受け取ってくれるお客様は運賃が安くなっていく。

 

逆に何回も再配達をしているのに家にいなかったら、運賃が上乗せされていく。

 

お客様自体を評価し、それが運賃に反映されるという仕組みができれば、サービスを受ける側のレベルも上がっていくと思います。

 

今のところ技術的には現状は難しいのかもしれませんが、今後は評価システムというのが流行っていくかも知れませんね。

 

結局、「お金」というのは、社会的な「信用」を表すバロメータの一つなのです。

 

公平な評価システムが確立されたら、究極は「お金」はいらなくなって、評価だけで社会が回っていくかも知れません。

f:id:imakokowoikiru:20170731100349j:plain

 

そんなことを、宅配の荷物を運んでいるドライバーを見ながら思っていたのでした。

 

今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

お客様は神様というからには、お客様も神対応しないといけない

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

紙幣というのは、所詮データ量を表す紙きれ!

f:id:imakokowoikiru:20170530151021j:plain

香港の500ドル紙幣。

 

デザイン違いが5種類も手元にありました。

 

他の国の紙幣って、「おもちゃの紙幣」みたいに感じてしまいます。

 

しかし、精神的にはその方が正しいのかも知れません。

 

自国に紙幣を使う時に、お金を使うのが恐いとか、痛いとか感じる方が、おかしいのです。

 

紙幣はただの価値を表すデータ。

 

価値のあることに使っていれば、気持ちがいいはずだからです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

全ての繋がりに感謝しよう

f:id:imakokowoikiru:20170214112312j:plain

いつもながら中国に帰ってきて、ネット規制にうんざりしながら考えました。
(中国では、Facebook、Line、GoogleYou Tubeなど
 普通では使えないものがたくさんあります。)
 
人間って他人との関わり合いがあるから「生きている」ですね。
 
逆に言えば、生物として生きていても、社会的な「人間」として生きてなかったら、
「生きて」いないことと同義なのです。
 
ひょっとしたら、いつの日か、「一生ネットにアクセスできない」
という刑罰ができるかもしれませんね。
 
「あなたは●●の罪で、一生ネットにアクセスできません。」と求刑されたら?
 
ネットで買い物もできないし、メールやメッセージで誰とも連絡が取れない!
 
それよりも、うぉぉぉぉ!エロサイトが見れない!

(そっちかい?)
 
ある意味、独房に入るのと同じ、昔で言う「村八分」と同じです。
 
ネットに依存する割合が多い現代社会では、実際の社会でのコミュニケーション能力の低下も問題ですが、ネットでの繋がりができないと死活問題になるでしょう。
 
情報を収集するのも、情報を交換するのも、ネットでの割合が増えていますよね。
 
もし、一生ネットが使えなくなったら? 
今の生活スタイルは維持できないのではないでしょうか?
 
今回は、刑罰という形で、少し極端な表現をしましたが、振り返ってみたら、
ネットでしか繋がっていない人も多いかと思います。
 
メールアドレスや電話番号はもちろん、本名も知らない人と付き合っていることが多い。
 
もし、何かトラブルがあって、ネットが繋がらなくなったら?
(大きな災害があった時なども含めて、リスク回避が必要です。)
 
そういう人と一生連絡が取れなくなるかも知れません。
 
本当に繋がっていないといけない人とは、ネット上だけではなく、
別の連絡手段も確認しておきましょう。
 
そして、将来「一生ネットが使えない刑」ができないように、
表現の自由を守り抜かないといけません。
 
そんなことを中国のネット規制下で考えてしましました。
 
社会的な人間の営みって、何なのだろうってね!

f:id:imakokowoikiru:20170214112451j:plain

今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

繋がっているから人は生きている

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

「略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!」ジェームス・スキナー:著

f:id:imakokowoikiru:20170102010417p:plain

まだ日本は、アメリカに合併されていない(?)けど、
この本が書かれた頃よりは格段に状況が悪化しています。

 

日本の財政はこれからどうなるんだろう。

 

やっぱり自分の頭を使って、自分の足で踏ん張るしかないですね。

そう改めて、感じました。

 

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

わさびアイスを売った方法

f:id:imakokowoikiru:20170518135913j:plain

今回は、答えがあるとわかっている問題は、解決しやすいという話です。

 

あるメルマガ記事に載っていた話を引用します。

 

───────────────
異色アイスが売れた理由
───────────────

伊豆の観光地に、あるアイス屋さんがいました。


伊豆の名物の一つに、わさびがあります。


そこで、このアイス屋さん。


地元名物のアイスとして、「わさびアイス」なるものを作ったそうです。


しかし、あまりに異色ゆえ、最初は売れなかったようです。


で、その方、頭をひねって、ある工夫をしたところ、わさびアイスが、急に売れ始めたそうです。


さて、この人は、いったいどんな工夫をしたのでしょうか?


【ここまでが質問】

さて、ちょっと考えてみましょう!

 

さぁ、考えました?


じゃ、正解を発表しまーす!

 

ちゃんちゃかちゃーん!


───────────────
わさびアイスを売った工夫とは
───────────────

 

★ 店頭に「初級・中級・激辛」と、
3種類のわさびアイスがあることが分かる張り紙をした。

f:id:imakokowoikiru:20170518140112j:plain

というもの。


こうすることにより、「食べるか、食べないか」という二者択一の考えから、
食べない以外にも「どれを食べてみようか」という複数の選択肢が生まれたことによって、わさびアイスも選ばれるようになった訳です。

 

とのこと。

 


どうでした?


なーんだ!と思うかもしれませんが、これって回答・解決法があるから、「何やろ?」と考えるんですよね!


アナタの日ごろの問題はどうですか?

 

悩んで、


悩んで、


たまに悩んだふりして、


あきらめていませんか?

 

その問題にも解決法があるとわかっていたら、
いろいろアイデアが出てくるかも知れません。


「な~んだ」という解決策を考えてみましょうよ!

 

今回の珍言爆言
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

答えがあると思うから考えられる!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村  

「熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録」井川意高:著

f:id:imakokowoikiru:20170502145109j:plain

読後の感想、ものすごい違和感。

 

当時、大王製紙社長の井川意高氏がグループ企業から巨額の資金を借り入れて、ギャンブルでスってしまった事件。

 

当の本人の懺悔録なのですが、「これ懺悔録なのか?」と思ってしまいました。

 

というか、この本の内容が事実だとすれば、この井川意高氏は、とても仕事のできる人だったようです。

 

「なのに何故、ギャンブルにハマってしまったのか?」という点は、この本に夜と「ギャンブル依存症という病気」だったからとのこと。

 

むしろ、井川意高氏のある意味華やかな半生は綴られているのですが、どす黒い反省は、非常に淡々と書かれています。

(関係した人に迷惑がかかるという配慮なのかも知れませんが・・・)

 

となると、めちゃくちゃ仕事のできる優秀な人でも、ちょっとしたことでギャンブルにハマってしまって、人生を棒にふるってことがわかる。

 

今、カジノ法案ができて、日本に巨大なギャンブル場を作ろうと進んでいますが、その前にこの本を読むのをお勧めしますね。

 

本当に「ギャンブル依存症」になる人って、もともと少し「おかしな人」なのかどうかってことを、考える必要があると思います。

 

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)
井川 意高
幻冬舎 (2017-02-01)
売り上げランキング: 2,270

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

関西であえて「はやかけん」を使ってみたい理由

f:id:imakokowoikiru:20170720102520j:plain

毎朝、電車通勤の際に、改札口で「ピッ」とICカードを利用している方も多いと思います。

 

 

この交通ICカードは、日本の各地で相互利用が出来るっていうのは、ご存知かと思います。

 

 

ICOCA(イコカ)や、PiTaPaピタパ)、PASMOパスモ)などなどが相互に利用できる訳です。

 

すげーってことで、先日東京に行った時に試してみました。

 

すると、「ガシャ」と改札が閉まりました。

 

「ありゃー」ということで、駅員さんに聞いてみたら、「これは、残金ありません」ということ。

 

私は、関西出身なので、PiTaPaピタパ)を使っているんです。

 

PiTaPaピタパ)は、「後払いやっちゅうねん」と心の中で叫びながら、生まれて初めてPiTaPaピタパ)にお金をチャージして、東京メトロに乗りました。

 

やったー! やっぱり関西最高やわ。

 

PiTaPaピタパ)だけやで、後払いなのは!(クレジットカードと同じ感覚で、後から請求が来ます。なので、実際使用している時は残金を気にしなくていいのです。)

 

一方、他の交通系ICカードは、チャージ(前払い)方式なのです。

 

つまり、プリペイトカードと同じ感覚です。

 

残金が減っていくので、常に気をつけていかないといけません。

(クレジットカードと連携させて、オートチャージできる機能があるカードもあります。)

 

だっさー! というわけで、相互利用ができるICカードのことを調べたのですが、一つとても気になることを発見しました。

 

ちなみに、相互利用できる交通ICカードは、以下の通りです。

 

Kitaca(キタカ)=JR北海道

Suica(スイカ)=JR東日本

PASMOパスモ)=首都圏私鉄
TOICA(トイカ)=JR東海
manaca(マナカ)=名古屋私鉄
ICOCA(イコカ)=JR西日本
PiTaPaピタパ)=関西私鉄
SUGOCA(スゴカ)=JR九州
nimoca(ニモカ)=西日本鉄道
はやかけん福岡市交通局

 

f:id:imakokowoikiru:20170720103237g:plain

 

その気になるカードとは、福岡市営地下鉄ICカードはやかけんです。

f:id:imakokowoikiru:20170720103506j:plain

 

他の交通会社のカードは、みんな3文字(発音が3音)。

 

ICOCA(イコカ)、PiTaPaピタパ)、PASMOパスモ)、TOICA(トイカ)、manaca(マナカ)、Suica(スイカ)、nimoca(ニモカ)、SUGOCA(スゴカ)、Kitaca(キタカ)、以上9種類です。

 

しかし、はやかけんだけ、5文字(発音が5音)。

f:id:imakokowoikiru:20170720103506j:plain

「はやか」ではなく、はやかけん

f:id:imakokowoikiru:20170720103506j:plain

肩叩き券、お手伝い券、みたいにはやかけん!!

f:id:imakokowoikiru:20170720103506j:plain

このネーミングのセンスにやられて、はやかけんを購入しようかと思いました。

 

けど、福岡まで買いに行かないといけないんですね・・・・。

 

関西圏で、あえてはやかけん

f:id:imakokowoikiru:20170720103506j:plain

それもカッコいいかも?

 

特にオチなしの話でスミマセン。(きっぱり)

 

PiTaPaピタパ)の後払い方式を利用されている方、他のエリアで使用される時は、注意してね!

 

PiTaPaピタパ)もクレジットカードで、オートチャージする方法があります。

 

ただし、すでにカードをお持ちの方は、別に申し込みが必要。

 

詳しくは、最寄りの駅で確認してください。

  

今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ネーミングは大切

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

”U Can't Touch This” MC Hammer 「ユー・キャント・タッチ・ディス」MCハマー


MC Hammer - U Can't Touch This

懐かしい!

 

というか、今見ても結構尖っていますね。

 

このダボダボスボンも懐かしい。

 

ズボンをずらして、こんな穿き方したなぁ。

 

U Can't Touch This
U Can't Touch This
posted with amazlet at 17.05.11
EMI/EMI Records (USA) (2005-04-04)
売り上げランキング: 16,642

にほんブログ村

観客が下手な手品(政治)ショーなんて見たくない理論

f:id:imakokowoikiru:20170728104317j:plain

手品って、目の錯覚、もっと言ったら一種の騙しなのに、手品ショーって、お金を払っても詐欺罪で訴えられないですよね。

 

それは、聴衆が目の錯覚を楽しんでいることと、その手品をするにはそれなりの技術が必要なので、その対価(価値)にお金を払っている訳です。

 

そんなことを考えていたら、本来政治家がすべきことは、国民という観客に、壮大な夢を見させる手品の演出に徹底することなのでは?という思いにたどり着きました。

 

泥棒は犯罪だけど、政府(国)が税金を徴収しても犯罪にはならない。

 

けど、税金を心良く払っている人って、あんまりいない。(というか、むしろ嫌々の人の方が多いのではないでしょうか?)

 

泥棒と政府(国)を一緒にしてはいけませんが、泥棒や詐欺が悪いのは、人の所有しているものを無断で奪うから、つまり「所有権」いう人間の基本的人権を侵害しているからです。

 

ただ、経済的な視点からすれば、ある「価値」を勝手に別の所に移動させているだけです。(Aさんが所有していた1万円分の価値を、Bさん【泥棒】に勝手に移動させた。)

 

単なる価値の移動で、新たな価値を生み出した訳ではありません。

 

「勝手に」移動させたこと(憲法的視点)も問題ですけど、新たな価値を生み出していないこと(経済的視点)も問題だと思うんです。

 

それなら、税金の場合はどうでしょう?

 

これも経済的な視点で言えば、これも「価値」を移動させただけで、新たな価値を生み出した訳ではありません。(納税という権利の元、合法化されてますけどね!)

 

政府自体は価値を創造することできずに、ビジネスという形で企業にお金を払って、公共事業などを行う訳ですね。

 

税金は合法なのに、国のことを盗人みたいに思ってしまうのは何故なんだろう?

 

それは華麗な手品を見せてくれないからだと・・・・。

 

イリュージョン!国民を楽しませてくれないからですよ。

 

壮大なイリュージョン、華麗な手品であれば、その入場料に価値があると思って、みんな快くお金を払う訳ですわ。

 

最近の日本の政治は、手品ショーとして成功したのかな?

 

会場に入場する前から、かなりネタがばれていた手品だった部分はなかったのかな?

 

多くの国民は、入場料の高すぎるショーだと思っているのかも知れませんね。

f:id:imakokowoikiru:20170728104642j:plain

(写真と本文は関係ありません。)

 

今回の珍言爆言

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

お金が払いたくなるような夢を与えよう

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

「トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか」ケビン・メイニー:著

f:id:imakokowoikiru:20170102004040p:plain

この本良かった。はっきりすっきり、分かりやすかった。

要は「中途半端はダメ」ってことですね。

そうしないと人生もビジネスも、不毛地帯に埋もれてしまうんです。

もっと、もっと、もっと、尖って生きましょう!

 

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか
ケビン・メイニー(著) ジム・コリンズ(序文) 内田和成(解説)
プレジデント社
売り上げランキング: 67,806

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

三波春夫、これぶっ飛んでます!「Haruo Minami - HOUSEおまんた囃子」


Haruo Minami (三波春夫) - HOUSEおまんた囃子

さすが三波春夫です。

 

芸の基礎がある人は、どんな形態でもブレませんね。

 

浪曲がこんな音楽になるなんて・・・

 

三波春夫さん、芯がある日本人って感じでかっこよすぎです。

 

おまんた囃子
おまんた囃子
posted with amazlet at 17.05.29
テイチクレコード (2013-08-07)
売り上げランキング: 343,472

にほんブログ村